消費者金融 収入証明

消費者金融に収入証明は提出するの?

消費者金融に収入証明は提出するの?

収入証明不要と銀行カードローンではよく見かける言葉ですが、消費者金融では表記されていません。
それでは消費者金融では収入証明書類は提出しなくても良いのでしょうか。

 

消費者金融の収入証明提出のタイミングは法律で決められています。
貸金業法の総量規制です。
総量規制は個人の借り入れ金額を年収の3分の1に制限する法律になりますが、その範囲に収まっていることを確認するために、個人信用情報機関に他社からの借り入れ金額を確認し、なおかつ収入を確認することになります。
ただし貸金業法にある総量規制になりますので貸金業からの借り入れ総額と限られています。
例えば年収が300万円であれば総量規制による借り入れ上限は100万円です。
消費者金融3社からそれぞれ30万円の借り入れがあると総額は90万円になります。
銀行カードローンの借り入れも30万円あるとすれば総額は120万円になりますが、あくまでも貸金業(消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など)を対象としているため総量規制にカウントされる金額は90万円、残り10万円の余裕があることになります。

 

収入証明書類は最初から必要になるわけではありません。
在籍確認を審査で行う以上、勤務をしていることは間違いありません。
少額の借り入れであれば総量規制の範囲に抵触する可能性は低いものです。
そのため一定以上の借り入れ金額に達した時に収入証明書類を提出することとなります。

 

・1社からの借り入れ金額(借入希望金額)が50万円を超える場合
・すべての貸金業からの借り入れ金額(今回の借入希望金額を含む)が100万円を超える場合

 

消費者金融から収入証明書類の提出を求められるラインです。

 

新規申し込み時にだけ必要なわけではありません。
消費者金融は借り入れ残高が10万円以上ある場合には3か月位に一度個人信用情報機関に照会することが義務付けられています。
他社からの借り入れ金額が増えている場合には利用中にも収入証明書類の提出を求められることになります。
収入証明書類は面倒なものではありません。

 

源泉徴収票が基本となりますが、持ち合わせていない場合や容易に時間がかかるときには直近の給与明細書数か月分で対応されることがあります。
法律で決められている収入証明書類提出のラインになりますので提出ができないときにはそれ以上の借り入れができません。

申し込みブラックって何?消費者金融に続けて申し込みは危険

 

どうしてもお金を借り入れたい、その焦りの気持ちはわかります。
だからといっていくつもの消費者金融に重ねて申し込みをすることは逆の結果を生み出します。
例えばプロミスに申し込みをして審査に落ちた、次はアコムに申し込みをして審査に落ちた、それならばアイフルに申し込みをしよう。
これでは審査に受かるものも受からなくなってしまいます。
申し込みと審査落ち、それを繰り返すことは本審査が始まる前に結果が出ているようなものです。

 

個人信用情報機関があります。
個人の債務情報のすべてを管理記録しているこの個人信用情報機関では利用をしている債務だけではなく申し込みをした情報も管理されています。
審査に落ちて契約をしなかったとしても、いつどこの消費者金融、銀行カードローン、もしくはクレジットカードや分割払いなどに申し込んだのかという履歴も残っています。
3社に申し込みをして審査に落ちていた場合、個人信用情報機関にはその申し込みの情報だけが記録されています。
契約の事実がない以上審査に通らなかったと推測されることは言うまでもありません。

 

そのため4社目の審査では属性スコアリングや信用力の調査に入るまでもなく審査に通ることはないでしょう。
審査に通らないことが繰り返されている事実、それだけで何らかの問題があったのだと容易に考えることができます。

 

問題になるのは個人信用情報機関にはいつまで申し込みの情報が記録されているのか、そして何社までであれば申し込みを同時に行っても安全なのかということでしょう。
3社以上は危険といわれています。

 

実際に3社目で審査に通ることはあるものの、それほど可能性の高いことではないでしょう。
申し込みを複数行うときには消費者金融と銀行カードローンなど異なる業種がいくらかは安心ができるはずです。
個人信用情報機関に申し込みの情報が登録されている機関は半年です。
契約まで進むとまた掲載期間は変わるものの、申し込みの事実だけであれば半年でその情報はなくなります。

 

審査に落ちたときにその状況のまま繰り返し申し込みをするのではなく、消費者金融 口コミなど確認してなぜ審査に落ちたのか、理由を考えて対策を練るとよいでしょう。

 

また個人信用情報機関にどのような情報が登録されているのか、情報開示請求を行って確認することもできます。

 

キャッシングなら無人契約機

キャッシングの申込方法は、様々なものが準備されています。
なにも有人店舗に赴くだけが申込方法ではありません。
お金を借りるのに、誰かと対面することに抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

そのような方には無人契約機での申込がおすすめです。
文字通り内部は無人ですので、誰にも会うことなく申込を行うことができます。
タッチパネル操作で簡単に手続きを進めることができ、不明な点は専用電話で問い合わせすることも可能です。

 

審査完了時間も短く、最短で30分程度。
無事審査に合格すると、その場で契約をしてカードを受け取ることができます。
脇に設置されているATMやCDで即借入を利用することができますので、急ぎの出費でもすみやかにお金を借りることが可能です。

ホーム RSS購読